Global Map
MINTモール
TEAM MINT
トレカミュージアム
開封キャンペーン
MINT HALL OF FAME
Trading Card Museum
便利な通信買取
MINT 開封 REPORT
MINT EVENT REPORT
スポーツカードミント フランチャイズ加盟店募集のご案内
レデンプションカード交換申し込み方法
スポーツカードの集め方
ジューシーハニー通販
ホーム | スポーツカードの集め方 | カードの楽し み方
▼ はじめに

  掲載記事は、JSCA 日本スポーツカード協会発行の「スポーツカード・コレクターズハンドブック初級編」 の内容を改定したものとなり、無断転載はお断りさせていただいております。

ミント スポーツカード

ミント スポーツカード

2014 BBM ベースボールカード 2nd Version 坂本勇人

スポーツカードとは横2.5インチ、縦3.5インチの大きさの紙製カードに、表面にはスポーツ選手のカラー写真が描かれ、裏面にその選手についての解説や過去の戦績データが掲載されたものです。例えば野球選手のカードなら、表にはピッチングやバッティングをしている写真があり・裏面には勝敗数や打率、通産成績などが掲載されています。スポーツカードは番号順に集めたり、選手やチームなどテーマを決めてコレクションしたり、発行枚数の少ない希少価値のカードを収集したりして楽しみます。しかしカードの楽しみは集めるだけではありません。カードを整理したり、仲間とダブったカードを交換したり、じっくり探してゆく過程に本当の楽しみがあるのです。
 スポーツカードを収集するホビーは、アメリカでは100年の歴史を持つ古典的な趣味のひとつです。日本では90年代に入ってから急速に流行しました。現在ではプロ野球やサッカー・プロレスなどのスボーツカードが発売されており、トレカ専門店、書店や玩具店などで簡単に入手することができます。90年代以降、イチロ―選手、ダルビッシュ投手、本田選手など日本人選手がアメリカや欧州で活躍しており、彼らを描いた海外スポーツのカードも、日本国内で簡単に手にすることが出来るようになっています。

▼ スポーツカードの種類

 スポーツカードと一口に言っても、野球カードにサッカーカード、メジャーリーグやNBAバスケットボールなどの海外カード、お菓子のおまけや球場で配布されているカード、ゲームに使うカードなど、多種多様のスポーツカードが発売されています。さて、これからカードを集めてみようと思われた方でも、まず何から手を付ければ良いのか、悩まれることと思います。またカードを手にしたものの、それがいったい何のカードで、どれだけの価値があるのか、さっぱりわからないという方もいらっしゃるでしょう。
  スポーツカードは、1枚1枚にその種類があり、カードには意味があります。例えばそのカードの「スポーツの種類」「年度」「発行メーカー」「ブランド名」「番号」の5点が分かれば、カード専門誌や専門店で簡単に調べることができます。
 そして、これから紹介するカードの種類の基礎知識を身につければ、どんなスポーツカードを見ても、それが何の、どんなカードであるかはすぐに分かるようになります。
 カードを理解することができると、カードの面白さがより実感できるようになり、集めることが楽しくてたまらなくなるようになるでしょう。さぁ、スポーツカードの世界の扉を開けてみましよう!

【レギュラーカード】
●レギュラーカードはコレクションの「基本」

ミント レギュラーカード
レギュラーカード例:
2014 BBM ベースボールカード 1st Version
藤浪晋太郎
 あらゆるスポーツカードは「レギュラーカード」と「その他のカード」に分けることができます。レギュラーカードのないスポーツカードは存在しません。まずはスボーツカード収集の基本はレギュラーカードを番号順に集めることにある、ということを覚えておいてください。
 通常スポーツカードには通し番号がふられています。カードメーカーは、ひとつのブランドを年に1回しか発行しません。そして、基本的に同じ選手のレギュラーカードは1種類だけなのです。97年にベースボールマガジン社が発行した「BBM」カードの松井秀喜選手を例に取ってみましょう。このシリーズ中の通し番号 「300番」がレギュラーカードです。このシリーズには他にも松井のカードは2種類ありますが、「2番」のカードは昨年度の表彰選手をとりあげた「リーダース」というサブセット(MVP)、「559番」カードは選手の 「ニックネーム」でくくったサブセットの中の1枚です。つまり全573種類のカードがあっても、松井選手のレギュラーカードは「300番」の1枚だけなのです。
「サブセット」とは、レギュラーカードとは別に、「MVP」や「オールスター」など、何かのテーマやタイトルをつけて選手を描いたシリーズのことです。これは人気選手のカードを多数発行するために企画されているもので、市場評価価額はサブセットよりレギュラーカードの方が高いのが通常です。サブセットはバラエティーや写真を楽しむカードと言えるでしょう。

【インサートカード】

ミント インサートカード インサートカード例:
2013 BBM ベースボールカード CLASSIC
大谷翔平 Pitcher Perfect
ミント インサートカード2 インサートカード例:
2015 Topps Stadium Club Baseball
Clayton Kershaw True Colors

レギュラーカードとは別の番号をふられた特別なカードでデザインやカードの紙質、材質などを変え特別に作られたものです。昔は“スぺシャルカード”とも呼ばれていました。インサートカードは発行枚数が少なく出現率も1パックに1枚、数パックに1枚といった比較的出やすいものから、数十箱に1枚といった極端に出にくいものもあります。最近では何パックに1枚といった割合(オッズ)が、カードの入ったパックや箱の裏面に書いてあります。インサートカー卜はホームランバッター、歴代記録保持者といったようにテーマで作られており、数枚から数十枚で構成されています。
 インサートカードの魅力は、パックを開けて「当たった!」という感動でしょう。また、人気のあるインサートカードは市場でも高値な値段で取引されますので、そういった意味でもたいへん魅力のあるカードだといえるてしよう。
しかしインサートカード=価値のあるカード、と決めつけるのは大変危険てす。ともすれはスポーツカードの魅力はインサートカードと思いこんでしまい、レギュラーカードには見向きもしなくなる傾向があります。もちろんインサートカードは魅力的ですが、誰も欲しがらない選手のカードであれば、カタログ価格が高くても意味はありません。
  初心者はインサートカードを収集の対象にしなくてもよいでしょう。むしろ1枚でたくさんの他のカードと交換できるアイテムである、と考えるくらいがいいかもしれません。インサートカードを加える必要が出来た時にシングルカードで購入した方が、パックで引き当てるよりもずっと安い出費ですむのですから。 最近人気のあるインサートカードには以下のようなものがあります。

           

ミント パラレルカードパラレルカード例:
2014 BBM ベースボールカード
1st Version 藤浪晋太郎
箔サインカード
■パラレルカード
レギュラーカードの名前や一部分だけ色を変えたり、サインやマークを印刷するといったバリエーション・カード。

  

ミント ダイカットカードダイカットカード例:
2015 Topps Stadium Club Baseball
David Price
Triumvirate Luminescent

■ダイカットカード
カードの上下左右を切り込むなどのカッティングを加えたカード。王冠型、パイナップル型、三角形、円形のものなどがあります。

  

ミント オートグラフカード1オートグラフカード例:
日本プロ野球OBクラブ
オフィシャルカードセット
History of Best Nine
第一集 王貞治
直筆サインカード
ミント オートグラフカード2オートグラフカード例:
MLB 2012 BOWMAN CHROME
Yu Darvish Blue Refractor
Autographed Rookie Card
■オートグラフカード
そのカードに描かれた選手の直筆サインが入ったカードで、サインが本人直筆であることをメーカーが保証するという証明付きのカード。

  
ミント メモラビリアカード1メモラビリアカード例:
2014 Topps Update Series Baseball
Msahiro Tanaka
Trajectory Jumbo Relics Card
ミント メモラビリアカード2メモラビリアカード例:
1998-99 Upper Deck UD Game Jersey
Kobe Bryant Jersey Card

■メモラビリアカード
そのカードに描かれた選手が着用したものや使用した道具などが挟みこまれたカード。

  
ミント レデンプションカードレデンプションカード例:
2014 Topps Update Series
Baseball Josh Harrison
All-Star Stitches
Autograph Relic Card
■レデンプションカード
メーカーのウェブサイトでアカウントを作り、カードに書いてあるコードを打ちこむとカードが送られて来る「交換券」のこと。カード自体をメーカーへ送る場合もあります。   
ミント ルーキーカードルーキーカード例:
2014 Topps Baseball
Series 2 Masahiro Tanaka
Rookie Card
【ルーキーカード】
●最初のレギュラーカードは要チェック

 選手の最初のレギュラーカードを「ルーキーカード」と呼びます。人気選手のルーキーカードはその後に発行される同じ選手のカードより高価なプレミア価格がつくことがあります。またあくまでレギュラーカードである必要があり、インサートカードやサブセットのカードではルーキーカードとは認められません。
 ルーキーカードならなんでも高い値段がつくわけではありませんが、無名選手のルーキーカードでも大切に保管しておきたいものです。その後の大活躍で何十倍もの値打ちが付くこともあるからです。特例ですが、カルビーのカードのように同じ年度で同じ選手のレギュラーカードが何度も登場する場合は、番号の最も若い番号のカードをルーキーカードとしています。
 アメリカの場合、1988年以前のカードに限って、ルーキーやトレードされた選手ばかりを集めた追加セットやチームセットのカードに入っている選手の最初のカードは「エクステンデッド・ルーキーカード」と呼び、別扱いになっています。


▼ スポーツカードの集め方

 カードの楽しみはただパックを開けてコンプリートするだけではありません。集めるという課程自体が楽しみなのです。
 スポーツカードは基本的にはカードを自分の手に入れることを楽しみホビーです。この章ではカードを実際に手に入れる方法を紹介しましょう。
 カードを集め始めたばかりの皆様は、カードを手に入れる方法は、お金を出してパックやセットを買うしかないだろう、と思われるかもしれませんね。しかし、カードの収集方法はそれだけとは限りません。カードはパックやセットで売られている他にも、シングルカード(専門店で1枚単位で売られている状態)で購入したり、コレクターと交換して手に入れることもできるのです。また、ただパックを開け続けるだけなく、上手に集める方法や、効率の良い集め方など、コレクションのコツがあるのです。
  カード集めの基本は、まず自分の欲しいカードやテーマを明確にして、どうやって欲しいカードを手に入れるか、よく考えてから行動することです。そして、この章を読んでいただければ、決して無理をせず自分のペースでカードを集め、コレクターやカードショップの店員さんとマナーを守って仲良くお付き合いの出来る人が、自分のコレクションを充実させることができるのだということを理解していただけると思います。
 正しい知識を持った親切なコレクターになること、それが欲しいカードを手に入れる一番の近道なのです。

ミント スポーツカード ボックス1スポーツカードボックス例:
2013 Topps Baseball
Series 2
ミント スポーツカード ボックス2スポーツカードボックス例:
2014-15 PANINI PRIZM
Basketball

【カードはどこで買うことが出来るの?】
スポーツカードはどこに売っているのでしょうか。カード専門店では、多くの種類のスポーツカードをパック、ボックスはもちろん、1枚からのシングルカード販売をしています。 その他には、書店や玩具店でもスポーツカードを販売しています。近く人カードショップがない場合はこういったお店を訪れるのもよいでしょう。
 どうしても近くのお店がスポーツカードを販売していなかった場合、お店に取り寄せてもらうか、通信販売(http://www.mint-mall.net/)を利用することになります。国産の新しいスポーツカードならボックス単位であれば、書店や玩具店でも注文することが出来る場合があります。しかしパック単位ではまず注文できませんし、メーカーに在庫がない場合もあります。またお店の人がスポーツカードを知らない場合、注文するまでが一苦労、というケースもあるようです。
 その点、スポーツカード専門店であれば、郵便や電話・インターネットで細かい注文が出来ますので、通信販売には最適です。お店によって注文の仕方や送金方法が異なりますので、欲しいカードが決まったら、電話かeメールで直接お店に問い合わせてみましょう。お金を送ったり、手元にカードが届くまで時間がかかるので難点ですが、それだけにカードが届いた時の嬉しさは格別です。
 また、カードショーとよばれるカードの販売会が行われる場合があります。こういった場所では複数の専門店が一カ所に集まりますので、珍しいカードが一気に手に入る、ということもあるのです。





スポーツカード専門店 MINTへ行ってみよう】

スポーツカード ミント

スポーツカード ミント

ミント新宿店

MINTは専門店ですから、様々な種類のカードを販売しています。野球だけでも数十種類のパックを販売していたり、古い年度のものを売っていたりします。カードを整理する専門用品や、国内外のカード専門誌も扱っています。また、ジャンル・年代・メーカー・ブランド別に1枚づつシングルカードで販売しており、好きな選手のカードや足りないもの、古いカード、インサートカードを購入することができます。
 お店の人はスポーツカードのプロフェッショナルです。たいがいの質問には答えてくれますし、新しいカードの内容や、スポーツの最新情報を教えてくれることもあります。また、お店には野球、NBAバスケットなど、それぞれ得意な分野があります。自分の好きなジャンルに強いお店を訪ねて見るのもいいでしょう。お店の人やお客さん同士もみんなカードファンですから、カードを買うだけではなく、ぜひ好きなスポーツやカードの話を店員さんにしてみてください。

トレカショップ ミント ミント池袋店1F
MINTでは、カードの買取も行っています。しかし、全ての種類のカードを買い取ってくれるわけではありません。売りに行く前に、問い合わせるのが良いでしょう。また、18才未満からは買取をしていない店舗もあるので、事前に問い合わせた方が良いでしょう。
 カードショップは毎日カードが出入りしています。今日は無くても明日入荷しているかもしれませんし、今、目の前にあるカードもすぐに売れてなくなってしまうかもしれません。カードとの出会いは一期一会です。カードショップをうまく利用することが、良いカードと出会うチャンスなのです。


【カードの買い方】

ミント トレカパック スポーツカードパック例:
2014 BBM ベースボールカード
2nd Version
●パックで買う
 スポーツカードでは通常「パック」というアルミフォイルなどで作られた袋に入った 形で販売されます。パックには5〜10枚程度のカードがランダムに入っており、中にどのカードが入っているかわかりません。
 野球カードは1シリーズ全部で100種類以上になる場合が多いので、1パック5枚入りの場合、レギュラーカード全種類を集めるだけでも最低でも20パック、ダブリを計算するともっと多くのパックを開ける必要があります。インサートカードには出現率の低いものもありますので、全種類を集めることはなかなか難しいものです。
 あと何枚かでそろう、というところまできたら、ダブったカードを交換するか、1枚づつ購入した方が早く揃うでしょう。しかし、高額なプレミア価格がついているインサートカードや、有名選手ルーキーカードなどもパックに入っている可能性は十分にあるのです。数百円のパックを買って数万円もするカードを引き当てるのは嬉しいものです。また、パックで買うことは「カードを集める」「ダブりカード(交換用)のストックを作る」という楽しみもあります。
 また、同じブランドのパックでも、枚数の多いジャンボパックや、書店用のマガジンパック、シリーズ1や2など、様々な種類が発行される場合があります。欲しいカードがジャンボパックには入っていなかったり、初回出荷の限定版パックにしか入っていなかったりするケースがあるので気をつけましょう。

●シングルカードで買う
 1枚単位のカードのことをシングルカードといいます。シングルカードで買えば、パックで買うより効率よく欲しいカードを手に入れることができます。コモンカード(無名選手のカード)なら数十円で買えますが、人気選手のカードや珍しいインサートカードは1枚数百円から数千円、数万円するものもあります。パック買いとシングルカード買いを使い分けると効率よくカードを集められます。

●セットで買う
 レギュラーカードが1枚づつ全部そろったものを「コンプリートセット」と言います 。このセットで購入すれば、カードは全種類そろっていますので、時間のないコレクターにはお薦めです。メーカーが発売する「ファクトリーセット」、ショップがパックを開けて作る「ハンドコレクティングセット」があり、どちらもインサートカードは含まないのが通常です。

●MINTモールを利用する
 近くにカードショップがない時は、当店の通信販売のご利用をお奨めします。注文方法はインターネットからのご注文となります。

ミントプラス

【おまけカードの集め方】

おまけカード おまけカード例:
2014 プロ野球チップス 第2弾
前田健太 レギュラーカード
 ●最もコレクター心をくすぐるおまけカード
 ポテトチップスなどのスナック菓子のおまけにスポーツカードが付いているものがあります。現在最も有名なおまけカードは、お菓子メーカ「カルビー」のカードでしょう。他にもガムや飲料メーカーなどから発行されることもあります。
 こういったカードを収集するには、発売中にスナック菓子をコツコツ買うことになります。基本的には1袋に1枚しか付いていませんので、たくさん買ってお菓子を捨てることなどないよう、家族や友人にあげるなどして楽しく集めましょう。
 また、発売されている期間が限定されていますので、出来るだけ早めにコンプリートする必要があります。カルビーの場合、2ヶ月程度を目安にカードが総入れ替えになり、前の番号のカードは出てこないようになります。袋裏面の製造年月日を確認して、登場するカード番号をチェックすると良いでしょう。
 おまけカードの醍醐味は、バリエーションにあると言ってもいいでしょう。写真や選手の名前やチームロゴ、裏の解説などが変更になったカードが多数発行されることがあるのです。これはお菓子が需要に従って出荷されるためで、新たに出荷する際に担当者が気付いたミスや、チームや選手などからのクレームを修正することがあるからです。当然前のカードは今後印刷されないわけですから、ショートプリントとなり、手に入れることが難しくなります。もちろんバリエーションを全てに集める必要はありませんが、カードコレクターならではのこだわりを発揮できる要素が、おまけカードにもあります。

【テーマをもって集めよう】
 スポーツカードの収集は、なんとなく集めていては長続きしません。
 長く続けられる人は、自分なりのテーマを持って集めたり、経歴やポジションにこだわったり、メーカー、ブランド、年代に的をしぼっている人もいます。つまりどんなテーマでも自分が楽しめれば良いのです。スポーツカード収集の楽しさは、自分なりのテーマをいくつ持っているか、どのように深めて行くかにあるといっても良いでしょう。コツコツ時間をかけないと集まらないテーマもありますし、お金がかかるものもあります。自分が無理をしない範囲で、テーマを持てば良いのです。

おまけカード 2014 プロ野球チップス 第2弾
柳田悠岐 レギュラーカード
 自分の収集テーマを持ったら、仲間にこういったカードを集めていることをアピールしてください。カード仲間が自分のダブリカードの中や、別のところでそのテーマのカードを手にした時に「あの人がこのカードを集めていたな」と覚えていてくれれば、さらに収集のチャンスが増えることになります。もちろん、仲間のテーマも覚えておきましょう。
 テーマはなるべく複数のものを持ってみてください。その方がカードや友人と出会える機会が広がるからです。探していたカードが見つかること、カードを通して素晴らしい友人ができること、楽しいコレクションが完成すること、これらはお金では買えない喜びです。そんな楽しみができる人こそ上級者と言えるのです。

それでは、カードの楽しみ方についてご説明しましょう!

>>>次ページへ